(ケアプラン)介護支援事業 直通 0745-76-2523
0745-76-2177

〒639-0226
奈良県香芝市五位堂5-155

奈良県 香芝市 内科 胃カメラ 澤田医院

ピロリ菌検査

高血圧

糖尿病

高脂血症(脂質異常症)

ピロリ菌検査

内視鏡検査を受けられる方へ

大腸内視鏡検査

小児科

訪問看護サービス

介護支援事業

禁煙治療

認知症外来

豆知識

澤田医院のモットー

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

トップページ»  ピロリ菌検査

ピロリ菌について

ピロリ菌について

ピロリ菌は正式名称を「ヘリコバクター・ピロリ菌」といい、胃の粘膜に住みつく細菌の一種です。

通常の細菌は胃の中に住みつくことができないのですが、ピロリ菌は酸を中和する酵素を持っており、体のまわりにアンモニアを発生させることで胃酸から身を守ることができます。この酵素が胃の粘膜に障害を起こし、慢性胃炎、胃潰瘍、胃がんなどの病気の原因になると考えられています。世界保健機構(WHO)は1994年にピロリ菌が胃がんの危険因子であると発表しています。

60歳以上の約6割の人がピロリ菌に感染しているとも言われています。感染経路ははっきりと特定されておらず、誰もが感染の可能性があります。感染しただけでは特に症状はあらわれないことがほとんどですので、検査を行うことが大切です。

こんな症状の方は検査を受けましょう!

なんとなく胃の調子が良くない   胃薬をよく服用している   胃炎である
胃がん家系で心配である   胃や十二指腸潰瘍になったことがある

該当するものがある方はピロリ菌の検査を行いましょう。

ピロリ菌検査の方法

ピロリ菌の検査にはいくつか方法があります。

内視鏡での検査

内視鏡で胃の中の状態を観察し、採取した胃の粘膜を検査します。

内視鏡での検査
1.迅速ウレアーゼ試験
ピロリ菌が持つ酵素(ウレアーゼ)の働きで試薬の反応を見て、ピロリ菌の有無を調べます。
2.鏡検法
採取した胃の粘膜を染色して顕微鏡で観察し、ピロリ菌の有無を調べます。
3.培養法
採取した胃の粘膜を培養して、ピロリ菌が増えるかどうかを調べます。

内視鏡以外の検査

●便中抗原検査
当院では主にこの方法で便中のピロリ菌を検出しています。
ピロリ菌に感染すると、ピロリ菌の一部が便の中にも存在するようになります。
検査用の容器に便を採取し、ピロリ菌を検出しますので容易に検査を行うことができます。
●抗体検査
検査方法として一般的なのが、抗体検査です。
血液や尿を採取してピロリ菌に対する抗体が含まれているかどうかを調べることにより、ピロリ菌に感染しているかどうかを調べます。
●尿素呼気検査
ピロリ菌の検査の中でも患者様への負担が少ないのが、尿素呼気検査です。
ピロリ菌に反応するお薬を飲んで一定時間経過した後に吐き出された呼気を調べて、胃の中のピロリ菌の有無を調べます。この検査は、簡単で正確のため欧米では広く用いられております。
※ 呼気検査は現在実施しておりません。

ピロリ菌の除菌

検査で「ピロリ菌」の存在が確認されたら、ピロリ菌の除菌を行います。除菌の年齢や胃がんの進行具合によって効果は異なるので一概にはいえませんが、長年ピロリ菌の除去がなされていない胃粘膜では、胃がんになってしまう可能性は高まるでしょう。

これまでピロリ菌除菌の保険適用範囲は限られていましたが、2013年2月より拡大され、症状が軽い方でも保険で除菌治療が受けられるようになりました。胃潰瘍、胃炎などの胃の病変が内視鏡により認められ、ピロリ菌の存在が検査により確認できれば、健康保険で除菌が可能です。

次に該当する方は保険で検査が受けられます。

慢性胃炎である    胃潰瘍、十二指腸潰瘍を経験したことがある
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発を繰り返している    胃MALTリンパ腫である
特発性血小板減少性紫斑病(ITP)である    早期胃がんの内視鏡的治療を受けた後である

ピロリ菌除菌の流れ

STEP 1
2種類の抗生物質、胃酸の分泌を抑える薬を1日2回、7日間服用します。
矢印
STEP 2
服用後4週間以上後に除菌ができたかを検査します。(※通常、この方法で70%が除菌に成功します)
矢印
STEP 3
もし除菌に成功しなかった場合は2次除菌といって再度薬を変えて服用します。

※胃がんの発生については除菌が成功した時点で抑制効果が出るわけではないので、除菌後も内視鏡による経過観察が必要です。

ページの先頭へ戻る