(ケアプラン)介護支援事業 直通 0745-76-2523
0745-76-2177

〒639-0226
奈良県香芝市五位堂5-155

奈良県 香芝市 内科 胃カメラ 澤田医院

内視鏡検査を受けられる方へ

高血圧

糖尿病

高脂血症(脂質異常症)

ピロリ菌検査

内視鏡検査を受けられる方へ

大腸内視鏡検査

小児科

訪問看護サービス

介護支援事業

禁煙治療

認知症外来

豆知識

澤田医院のモットー

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

トップページ»  内視鏡検査を受けられる方へ

胃内視鏡検査を受けられる方へ

□大切な検査です。正しい診断ができるように、次のことを必ず守ってください。

検査の前日

  • 夕食は固いものを避け、消化のよいものを朝の場合午前8時ごろまでに済ませてください。水分は普通におとりください。
  • 普段から就寝前に薬を服用されている方は、いつものようにお飲みください。

検査の当日

  • 朝食(ごはん、パン、味噌汁など)は、絶対にとらないでください。
  • 薬も服用しないでください。
  • 牛乳、ジュース、日本茶、紅茶、コーヒーなどは飲まないでください。
  • 湯のみ茶わん1杯ぐらいの水やお湯でしたら、お飲みになって結構です。

(糖尿病でインスリンを注射していられる方は、インスリンを注射しないでください。)

来院のご注意

  • なるべくゆったりした服装でおこしください。
  • 濃い口紅はご遠慮ください。
  • 時間に余裕をみておこしください。検査の都合で開始時間が多少前後する場合があります。また麻酔や注射の影響がとれるまでに少し時間がかかります。
  • 注射の影響が残りますので、検査を受ける方が車を運転してくるのはおやめください。

■次のような方はお申し出ください。

  • 心疾患、緑内障、前立腺肥大、アレルギー体質、肝炎、のどが痛い方。
  • 胃の手術を受けた方。人工透析中の方。
  • 血液をサラサラにする薬(ワーファリン・パナルジン・ペルサンチン・バッファリンなど)を服用している方。
  • 以前に内視鏡検査を受けたとき嘔吐反射が強かった方、苦しかった方。

■内視鏡(胃カメラ)検査とは
内視鏡とは「体の内部を見る鏡」という意味です。胃に超小型カメラを入れて撮影する胃カメラが日本で発明されて、早期胃癌を発見できるようになりました。今では光ファイバーを使用したファイバースコープか、非常に小さいテレビカメラを組み込んだ電子内視鏡を用います。胃の内視鏡では、食道、胃および十二指 腸の一部を観察します。
胃の中の泡を消す薬を飲んでいただき、鼻穴の麻酔を行います。内視鏡は5.8㎜の太さがあります。経鼻的に挿入しますので、ほとんどの方は苦痛無く検査を受けて頂くことが出来ます。普通に呼吸ができますのであわてないで下さい。検査は10分間くらいです。
まれに極端に鼻穴が細い場合経口からの検査に変更いたします。

■生検(胃の粘膜からごく小さい組織をつまみ出す)することがあります。
眼で見ただけで診断が決めかねるときに、胃粘膜から細胞を採って顕微鏡を調べます。痛くはありませんが、2㎜くらいの小さい傷ができます。すぐに治りますが、2~3日は刺激物は避けてください。

■色素液をまくことがあります。
食道や胃粘膜の細かい変化を観察するために、色素液をまくことがあります。あとで尿や便に色が付いたり、胸やけが残ることがあります。

■検査が終わった後で。

  • のどの麻酔がとれるまでは食事をしないでください。
  • 胃を膨らますために入れた空気が腸に残るので、「お腹が張った感じ」や「鈍い痛み」があるかもしれません。体を動かしているうちに下からガス(おなら)が出れば治ります。
  • 注射した方は、排尿が少し困難になったり、多少まぶしいことがあります。
  • 注射をした方は、1~2時間は車の運転をしないでください。

医師や看護師から、検査後の注意事項をお話しします。おわかりにならないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。ひどい痛みがあったり黒い便が出たりしたときには、来院するか連絡してください。

検査結果を必ず聞きに来てください。
大切な検査です。結果を必ず確認してください。

内視鏡検査を受けられる患者様へ

内視鏡検査の時に病理検査をするため約2㎜の組織を取る処置が必要になることがあります。その時少量ながら出血しますので、(脳梗塞、心筋梗塞の予防のために)血液をサラサラにするお薬をのんでおられる患者さんは、出血が止まりにくくなることが有ります。そのため数日前から服用を中止又は減量する必要がありますので、そのような薬を服薬されている患者様は医師に申し出てください。

内視鏡検査・治療を受けられる患者様へ1 内視鏡検査・治療を受けられる患者様へ2内視鏡検査・治療を受けられる患者様へ3

次世代内視鏡システム「レザリオ」を採用

当院では、富士フィルムが開発したレーザー光源搭載の新世代内視鏡システム「レザリオ」(LASEREO)を採用しています。

画質が非常に鮮やかで、観察能力が格段に進歩しています

BLI(Blue LASER Imaging)という特殊なレーザーを使用し、画像処理を行うことで、血管や表面構造の観察に適した画像を表示します。

二つのレーザー光を搭載し、目的に応じて最適な観察ができます

白色光用とBLI用という異なる二つの波長のレーザーを搭載しています。
診断箇所としては、胃や食道、十二指腸を診ることができますが、病変部位に応じて適したレーザーを使い分け、4つの観察タイプを選択できます。

  • 白色光観察:シャープで立体感のある明るい画像
  • BLI‐bright観察:病変をより明確に観察できる画像
  • BLI観察:表層の血管などがシャープに見える画像
  • FICE観察:正常の粘膜と病変の微妙な色変化を強調できる画像


そのため、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんと関係の深いピロリ菌、早期の胃がんや食道がんなど、わずかな病変も見逃さず、早期発見することが可能になってきました。
バリウム検査では発見できない病変の発見に活用できます。

検査を受けてみたいという方はぜひ一度ご相談ください。


ページの先頭へ戻る