(ケアプラン)介護支援事業 直通 0745-76-2523
0745-76-2177

〒639-0226
奈良県香芝市五位堂5-155

奈良県 香芝市 内科 胃カメラ 澤田医院

豆知識

高血圧

糖尿病

高脂血症(脂質異常症)

ピロリ菌検査

内視鏡検査を受けられる方へ

大腸内視鏡検査

小児科

訪問看護サービス

介護支援事業

禁煙治療

認知症外来

豆知識

澤田医院のモットー

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

トップページ»  豆知識

インフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症は、小さなお子さんがインフルエンザにかかったときに発病する、最も重い合併症です。毎年数百人が発病し死亡率は30%、25%の子供に後遺症が残ります。こうしたことから社会的に大きな関心を集めています。そこで、インフルエンザ脳症を発病した子供の体の中でどのようなことが起きているのか?親としてどのようなときに何をすればよいのか?治療法はあるのか?を厚生労働省インフルエンザ脳炎、脳症研究班の森島教授のお話を元にお話しさせていただきます。

インフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスには少しずつ異なる型があり大きくはAソ連型、A香港型、B型に分けられます。これらのどれかが鼻、口から進入し、呼吸器の粘膜増殖することにより、インフルエンザが発病します。

インフルエンザの特徴

インフルエンザの特徴

冬季に、地域的に、日本全国でもしくは世界規模で爆発的に流行することがあります。潜伏期間は1日~2日と短く、感染力が非常に強いため患者さんが短時間に集中的に発生し社会的に大きな問題を引き起こします。予防接種は有効ですが完全な予防効果はありません。全身症状(高熱、倦怠感、筋肉や関節痛、食欲不振など)が強く、肺炎、中耳炎、熱性痙攣そして脳症などの合併症を起こしやすい疾患です。

ただし、保険診療を始めた日から1年を超えなければ、再度保険診療することができません。

インフルエンザ脳症とはどんな病気?

ここでウイルスにより起きる脳炎と脳症の違いをお話ししましょう。脳炎は、ウイルスが直接脳に入って増殖し炎症を起こすものです。神経細胞がウイルスによって直接破壊されたりします。このとき脳の中にリンパ球、マクロファージといって炎症細胞が多数出現し脳が腫れやすくなります。
一方脳症の場合は、脳内にウイルスも炎症細胞も見あたりませんが、それでも脳が腫れ頭の中の圧力が高まってきます。このため脳全体の機能が低下していて意識障害を起こすのです。

インフルエンザ脳症の原因

ウイルスに感染した人体にはウイルスと戦うために様々な反応すなわち炎症が起こります。インフルエンザの場合は、こうした炎症反応が特に強くなる傾向があります。熱や咳、痰といった炎症の徴候は、感染した人にとってはうっとうしい症状ではありますが、実は熱によりウイルスの増殖を妨げる可能性が指摘されたり、痰の中にウイルスを排出し、咳の勢いで体外に追い出したりすることで、体内のウイルスを減らそうとする反応です。炎症反応が生じる際には白血球で、体内のウイルスを減らそうとする反応です。

炎症反応が生じる際には白血球(顆粒球、マクロファージ、Tリンパ球、Bリンパ球)が主役を演じ、血管その他の細胞もこれに協力します。誰がどのような役割を演じるか、他の細胞も含めお互いに連絡を取り合っています。この連絡手段となるのが炎症性サイトカインというタンパク質です。複雑な内容を伝えるために色々な細胞が多種類のサイトカインを分泌し、血液中に流れたサイトカインを別の細胞が受け止めてそれに応じた行動を起こします。

インフルエンザでは、全身的な反応が特に強く起きるので高熱が出やすいのです。このサイトカインの働きは人体に有益なものがほとんどで、炎症反応という名の戦いを通じて人体は最終的にウイルスに勝ち病気が治るのですが、特殊な条件下ではこの戦いが激しくなりすぎて、有害な結果をもたらすこともあります。(サイトカインの嵐と言う)

最近の研究によりインフルエンザ脳症も、そのような特殊な状態ではないかと推測されています。血管の細胞が炎症性サイトカインの影響を受けると血管の透過性が強まり血液中の水分や色々な物質が血管の外に漏れやすくなります。こうして組織が腫れた状態になるのです。通常脳の血管は、こうした漏れを防ぐ仕組みが特にしっかりしているのですが、インフルエンザ脳症の重症型ではこの仕組みが壊れてしまい脳が腫れてしまうのです。(脳浮腫が生じる)

さて、この様にインフルエンザ脳症を生じるとどのような症状が起こるのでしょうか?
一言で言うと意識障害、痙攣を生じることです。
具体的に表現しますと、

  • 自分の手をハムだポテトだと言って自分の手にかじりついた。
  • ついてないテレビをみて、猫がくる、ピカチュウがいる、お花畑がたくさんあると口走った。
  • 咳をした後、枕に頭を打ち付けてキャーキャー叫んだ。
  • 突然、赤ちゃんの様な喋り方で訳の分からないことをいう。
  • 知っている言葉をとりとめもなく喋っていた。

自分のお子さんがインフルエンザにかかってしまった時に、いつも見ている我が子に理解できない行動が生じたならばインフルエンザ脳症を疑いすぐに、2次、3次救急対応病院に行くことをおすすめします。

有効性を立証するのに十分な統計学的証拠はまだ得られていませんので、確立された治療法はありませんが、治療開始が早ければ早い方が治癒率が高い傾向がありますので素早く行動することが必要です。そして専門医の下で治療を受けられることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る